美肌茶房

美肌医術院

米井嘉一先生

美肌茶房:イラスト
TOP > 美肌医術院 > 美肌と抗糖化食品の研究会 > マスコミセミナー詳細

美肌と抗糖化食品の研究会

医薬品よりも抗糖化活性の高いハーブティー素材が見つかった
~甜茶(テンチャ)、ドクダミ、柿の葉、グァバ~

さらに、それらをドクダミ後発酵ブレンド茶にすることで
風味を高め、美肌効果がUPする可能も!

2012年3月15日
美肌と抗糖化食品の研究会

美肌と抗糖化食品の研究会(発起人:佐伯チズ)は、同志社大学大学院生命医科学研究科糖化ストレス研究センター・八木雅之准教授と共同で、皮膚の糖化による老化を予防する健康茶(ハーブティー)の探索を行った。その結果、甜茶、ドクダミ、柿の葉、グァバの各種ハーブティー素材が、アミノグアニジン(未承認の医薬品で、AGEs[糖化反応最終生成物]の生成阻害剤)よりも非常に高い活性があることが明らかになった。

一次選定試験と結果

 ・サンプル : 78種類の健康茶サンプルを80℃の熱水で1時間抽出
 ・反応条件 : 0.6mg/mL Ⅰ型コラーゲン(牛由来)+0.2mol/L グルコース,60℃,10日間インキュベート
 ・測定条件 : 蛍光性AGEs測定

⇒ コラーゲン中の蛍光性AGEsの生成を強く抑制する(アミノグアニジンの20倍以上の抗糖化活性)結果を示したものから以下の9種類を一次選定した。甜茶、ドクダミ、柿の葉、グァバ、シソ葉、熊笹、ドクダミ葉、ルイボス、ハマ茶。

二次選定試験と結果

上記で一次選定した9種類に関してアミノグアニジンと活性の強さを比較した。評価基準は以下の3つ。
 ・抗糖化(コラーゲン)
 ・抗CML(コラーゲン)
 ・抗糖化(HSA)

⇒ その結果、甜茶、ドクダミ、ハマ茶、柿の葉、グァバの5種が極めて高い活性を示した。抗糖化(コラーゲン)に関しては、比較対象のアミノグアニジンより54倍から8倍という活性を示した。これらは肌に良い健康茶(ハーブティー)開発には有望な素材であることが示唆された。

この結果を踏まえて、角層の糖化(キメの低下、くすみの原因)、コラーゲンやエラスチンの糖化(ハリ・弾力の低下、たるみ・しわの原因)を防ぐハーブティーの商品化へ向けて、「ブレンドによる抗糖化活性」を検証した。
但し、前述の試験で有望だった5種類のうち、ハマ茶(カワラケツメイ)と甜茶(テンヨウケンコウシ)は植物学上で近縁のため、活性の高い甜茶を残して4種類を対象とした。

抗糖化作用を有する健康茶植物の組み合わせ

商品化へ向けた試験/「ブレンドによる抗糖化活性」の検証

まずは、お茶そのものの商品特性から飲み続けられること、効果を実感しやすいことを重視した。そこで風味と高い抗糖化活性のバランスから、ドクダミ後発酵茶をベースと決め、これに柿の葉茶、甜茶、グァバ茶を1種から3種を組み合わせた8種類のお茶のAGEs生成抑制作用につき、検証をおこなった。美肌効果を期待するために重要なポイントは、コラーゲン中のAGEsやCMLである。特に、CMLの結果を重視した。

結 果

●蛍光性AGEs生成抑制作用は、コラーゲン反応系において8種類すべての組み合わせでアミノグアニジンを上回り、さらにブレンド効果も8種類全てに認められた。最も活性が高かったのは、ドクダミ後発酵茶+柿の葉+グァバの104倍だった。

●8種類のお茶は、非常に高いCML生成抑制作用を有し、特にコラーゲン反応系では顕著であった。CML生成抑制作用において、アミノグアニジンと比べ、16項目中12項目で、20倍以上の抗AGEs活性があった。

●CML生成抑制作用において、HSAおよびコラーゲン反応系ともに抗AGEs活性が高く、特に、コラーゲン反応系での結果【44倍】を重視した組み合わせは以下の2つであった。
・ドクダミ後発酵茶+柿の葉+甜茶
・ドクダミ後発酵茶+柿の葉+甜茶+グァバ

⇒ 以上から、ドクダミ後発酵茶をベースに甜茶、柿の葉、グァバを加えることで、どくだみ後発酵茶単体よりも美肌のための性能を向上させ、美味しい商品作りが可能なことが明らかになった。

商品企画へ向けた検討結果

本件に関するお問合せ先、及び本研究会の事務局
株式会社コンコード
東京都中央区築地3-1-10 Shinto GINZA EAST7F
TEL 03-6226-1443 (担当:川原)