Loading...
運がなくても、毎回勝てる。

Bihadasabo

コミュニティ・カードポーカーとは、コミュニティ・カード(「共有カード」や「ウィンドウカード」とも呼ばれます)を用いるポーカーゲームです。コミュニティ・カードとは、テーブルの中央に表向きに配られ、すべてのプレイヤーに共有されるカードのことです。このようなゲームでは、各プレイヤーに不完全な手札(「ホール・カード」)が配られ、それがコミュニティ・カードと組み合わされて完全な手札となります。

テキサス・ホールデム

現在、最も人気を博しているコミュニティ・カードゲーム。各プレイヤーに2枚の個別用「ホール・カード」が配られ、その後にベッティングラウンドが行われます。その後、3枚のコミュニティ・カードが表向きに配られて「フロップ」となり(特定の順番やパターンではなく)、2回目のベッティングラウンドが行われます。 4枚目のコミュニティ・カード(「ターン」と呼ぶ)が配られ、3回目のベッティングラウンドが行われます。最後に、5枚目のコミュニティ・カード(「リバー」と呼ぶ)が配られ、最後のベッティングラウンドが行われます。

ゲーム内容

オマハポーカー

オマハポーカーでは、4枚のホール・カードと5枚のコミュニティ・カードを使います。プレイヤーは、4枚のホール・カードのうち2枚と、5枚のコミュニティ・カードのうち3枚を使ってポーカーハンドを作ります。

スタッドポーカー

ホールデムやオマハのように、コミュニティ・カードを使うのではなく、7枚のカードを配り、2枚は裏向き、5枚は表向きにして、5枚のカードでより強いポーカーハンドを作ります。

ホースポーカー

ホースポーカーは、ホールデム、オマハ、ラス、セブンカードスタッド、セブンカードスタッド・エイト・オア・ベターを組み合わせたもの。ホースポーカーをプレイする前に、必ず遊び方の説明を読むのがおすすめ。

ラズ

ラズはスタッドポーカーの一種。ただし、プレイヤーはより強いポーカーハンドで競うのではなく、より強いミニマムハンドでプレイします。ラズはローボールポーカーとしても知られています。

バッドゥギポーカー

バドゥゥギポーカーが他のゲームとは違う、最も大きなポイントは、5枚のカードの代わりに4枚のカードを使ってハンドを作り、合計3回のドローラウンドを行う点です。

モントレーポーカー

モントレーポーカーは、ワイルドカードを受け取ることを除いて、プレイヤーが自分でロールする場合と同じ方法でプレイします。つまり、より強いハンドと大きなベットになります。

コミュニティ・カードゲームで共通するポイント

ポジションポーカー

各プレイヤーは最大8枚のワイルドカードを使うことができます。最初のセットは8枚のワイルドカードで、2番目のワイルドカードはゲーム中のポジションに基づきます。セブンカードスタッドのプレイと似ています。

アナコンダ

アナコンダは、プレイヤーが最高の手札と最悪の手札で勝つゲームです。最大7人のプレイヤーがプレイできます。ちなみに、ワイルドカードはありません。

最新ブログ

テキサス・ホールデム以外のポーカーゲーム

カードポーカーゲーム

最近、世界で最も人気を博しているポーカーゲームといえば、もちろんあのテキサス・ホールデムですが、ヨーロッパでは「オマハ」が人気ゲームとなっており、日に日に人気が高まっています。つまり、コミュニティ・カードゲームが多くの人に親しまれるようになっているのです。「パイナップル・ホールデム」のようなあまり知られていないコミュニティ・カードゲームでさえ、今日では頻繁に目にするようになっています。

カードポーカーゲームこの記事では、コミュニティ・カードを使ったポーカーゲームをいくつかご紹介します。実は、そのほとんどはテキサス・ホールデムと大きく異なるのです。コミュニティ・カードゲームに共通しているのは、プレイする際にさまざまな形をしたレイアウトに依存することが多いという点です。

 

ちなみに、筆者の義理の父は、なんといってもコミュニティ・カードゲームが一番!というくらい大好きなんです。想像よりも面白くて、思わずどっぷりとハマってしまう方も多いかと思います。今度、行きつけのお店でゲームをするときには、コミュニティ・カードゲームをぜひ試してみてはいかがでしょうか?

コミュニティ・カードゲームに共通するポイント

全てのコミュニティ・カード・ポーカーゲームには、ある共通するポイントがあります。もちろん、いくつかのカードをプレイヤー全員で共有することもその一つです。これこそが、ゲーム名にもある通り、「コミュニティ・カード」と呼ばれ、「ボード・オブ・ディレクター(取締役会)」というあだ名もあります。

しかし、コミュニティ・カードゲームでは、「ホール・カード」がなければプレイできません。ホール・カードとは、個々にプレイする伏せられたカードのことです。ホール・カードとコミュニティ・カードを組み合わせて、最終的なハンドを作ります。通常、コミュニティ・カードゲームでディールするときは、まずホール・カードを配り、次にコミュニティ・カードを配ります。

めんどくさがり屋の方で、ディールをする番が回ってきたという場合には、コミュニティ・カードゲームを広めてみましょう。カードをたくさん配る必要はありません。手札の早い段階でフォールドしたとしても、後のラウンドで追加のカードをターンする責任を負羽なければいけません。手札がないからといって注意するのをやめてゲームを続けると、他のプレイヤーたちを怒らせることになりかねません。

カードポーカーゲームベットの順番は、ゲームやカジノハウスのやり方によって異なります。スタッドポーカーゲームでは、示されたハンドの強さによってベットの順番が決まります。しかし、コミュニティ・カードゲームでは、誰もあなたのホール・カードを見ることはできません。かつ、すべてのプレイヤーは同じ表向きのカードを共有します。

ベットは通常、ディーラーの隣にいる最初のプレイヤーから始めて、テーブルの時計回りに行います。ただし、ホームゲームでは、ベットが交互に行われることもあります。第1ラウンドでは、ディーラーから時計回りにベットしますが、第2ラウンドでは、ディーラーから反時計回りにベットし、第3ラウンドでは、再び時計回りにベットするのです。

コミュニティ・カードゲームの中には、チェックが多いゲームもありますが、多くのホームゲームでは、プレイヤーにベットやフォールドをさせることで対応しています。このような状況では、チェックインはできません。
コミュニティカード・ポーカーゲームには、あらゆる形式が存在しますが、すべては2つのカテゴリのどちらかに分類されます。

1つ目は、異なる場所で交差する列ごとにカードが配られるゲームです。カードが行と列の両方に交差している場合、最後にめくられるカードは必ずそのカードになります。また、一部のゲームでは、そのカードは常にワイルドカードとして扱われます。