美肌茶房

美肌茶房

更新情報

2014.12.16

美肌茶房

写真

もっと知りたい鳥居の向こう側

年籠り~大晦日の夜から元旦の朝にかけて、氏神の社に籠って年神様を待つ風習

昔、人々は大晦日(おおみそか)の夜は眠らずに過ごして、元旦が訪れるのを待っていました。元旦と共に訪れる年神様を待つ…

美肌茶房

写真

古事記を彩る神々

第2章 アメノミナカヌシノカミ(天之御中主神)~天地のはじまりに高天原に現れた、宇宙においての最高神

古事記の序文において「乾(けん)と坤(こん)と初めて分かれて、参神造化の首(はじめ)と作り……」と記され…

美肌美術館

写真

和美人になれるパワースポット

禅と茶 栄西の残した功績 「建仁寺」

建仁寺は建仁2年(1202)に鎌倉幕府の二代目将軍源頼家が寺域を寄進し栄西を開山として建立されたお寺、山号を東山(とうざん)とし、京都五山…

美肌美術館

写真

和美人になれるパワースポット

「金刀比羅神社」の狛犬と「開運稲荷神社」の狐に願懸け参り

新潟市には、以前紹介した高麗犬(こまいぬ)を回して願懸けをする「湊稲荷神社」のほかにも、願懸けの手法がちょっと変わって…

美肌医術院

写真
写真

美肌と抗糖化食品の研究会

美肌のために日常的な食習慣を活かして抗糖化ケアができないだろうか。そうした想いから研究会はスタートいたしました。研究成果など発信してまいります。…

研究会発足とマスコミセミナー
マスコミセミナー詳細
研究の具体的な成果、「うなはたけ美人茶」登場!

びはだいじゅついん

びはだびじゅつかん

美肌茶房のお茶が発売されました!
Twitter join the conversation

美肌問屋

美肌茶房への想い

BOOK

佐伯チズの完全美肌塾(日経BP社)

日経ヘルス編

BOOK

内容紹介

正しいケアの第一歩は、自分の肌をよく観察して、知ること佐伯チズが実践する究極のスキンケアの真髄を全公開!
乾燥、シミ、シワ、毛穴、敏感肌――肌に表れる不調はさまざまですが、それは間違ったお手入れや、無意識の癖などの表れ。「美肌をつくるのは化粧品ではなく、日々の正しいお手入れや肌への接し方」と説く美肌師・佐伯チズさんは、68歳になっても白く輝くモチモチ美肌の持ち主。佐伯式の代名詞でもある「ローションパック」をはじめとする、基本の“朝ケア”“夜ケア”をまずマスターして、お肌を土台から整えましょう。
お肌は、食生活やライフスタイル、季節の変化にも敏感に反応します。朝起きたらトラブル発生!という時のために、とっておきレスキューケアもご紹介。細かいところまで、親切丁寧に解説します。だれでも正しいケアをすれば、潤い美肌になれる!そんな、美肌のヒントが満載の1冊です。
 
活動状況